どうしたらデザインに添える説明をうまく書けますか?

あなたのデザインに添える説明というのは、キャッチコピーのようなものです。デザインが売れるチャンスをものにできるよう、次のことに注意してください。

  • 簡潔に

    クライアントはたくさんのデザインに目を通します。1つ1つのデザインに対し何百文字もの説明を読む暇はありません。伝えたいことは、1~2段落パラグラフ程度の長さで簡潔にまとめるとよいでしょう。

  • クライアントが求める情報を

    クライアントは、あなたのデザインが有名な画家の技の融合によって生まれた、なんてことに興味はありません。お客様が興味を持つのは、そのデザインによって自分のビジネスが、どう表現されているのかということなのです。

    また、「職人が日々使う道具をモダニズムのアートで表現。実物とは切り離し、抽象的な形にしたピカソ風」などというアートスクールで受けるような説明をするのではなく、もっと理解しやすい言い方で説明してみましょう。例えば、「ハンマー、レンチ、のこぎりがこの芸術的なデザインで表現されています。高級市場向けの木工用品店のイメージにぴったりです」といった具合です。

  • 文法とスペルのチェックを

    あなたのデザインがどんなに素晴らしいものであっても、誤字脱字(英文の場合はスペルミス)、または文法ミスがある説明が添えられていては、お客様が受ける第一印象は最悪なものになります。デザインブリーフは、しっかり時間をかけて何度もチェックしてください。もし自信がないときには、他の誰かにもう1度チェックをお願いしてもいいでしょう。

この記事は役に立ちましたか?
10人中10人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk